鶴田町軽度・中等度難聴児補聴器購入費助成事業

身体障害者手帳の交付対象外の18歳未満の児童に対し、補聴器購入費、修理に対して一部助成します。
つぎの要件を満たす児童が対象となります。
1 鶴田町に住所を有していること。
2 両耳の聴力レベルが30デシベル以上70デシベル未満で、集団内で会話が充分に聞き取れない児童。
3 補聴器の装用により、言語の習得等一定の効果が期待できると医師が判断する児童。
4 対象となる児童の世帯内に、町民税の所得割の額が46万円以上の方がいないこと。

 

助成額

別表の基準額の範囲内で購入または修理に係る費用の3分の2
※ただし、1,000円未満の端数があれば切り捨てした額
【別表】

種目

補聴器の名称

1台当たりの基準額 (円)

基準額に含まれるもの

耐用年数

補聴器の購入

軽度・中等度難聴用ポケット型

43,200 円

①補聴器本体 (電池を含む)
②イヤモールド
※イヤモールドを使用しない場合は、基準額から9,000円を除くこと。

5年

軽度・中等度難聴用耳かけ型

52,900 円

高度難聴用ポケット型

43,200 円

高度難聴用耳かけ型

52,900 円

重度難聴用ポケット型

64,800 円

重度難聴用耳かけ型

76,300 円

耳あな型 (レディメイド)

87,000 円

補聴器本体 (電池を含む)

耳あな型 (オーダーメイド)

137,000 円

骨導式ポケット型

70,100 円

①補聴器本体 (電池を含む)
②骨導レシーバー
③ヘッドバンド

骨導式眼鏡型

127,200 円

①補聴器本体 (電池を含む)
②平面レンズ
※平面レンズを必要としない場合は、基準価格から1枚につき3,600円を除く。

補聴器の修理

障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく補装具の種目、購入又は修理に要する費用の額の算定等に関する基準(平成18年9月29日厚生労働省告示第528号)に規定する基準額

※業者が材料を仕入れた時に負担した消費税相当分を考慮し、別表の価格の100分の104.8に相当する額を基準額の上限とする。

 

申請手続きに必要なもの

1 交付申請書(用紙は役場にあります)
2 医師の意見書(耳鼻咽喉科に関する指定医師からの意見書)(用紙は役場にあります)
3 補聴器販売業者からの見積書
4 認印
注意事項
1 補聴器購入または修理する前に申請してください。
2 補聴器の電池の交換のみの修理は、助成の対象になりません。

 

お問い合わせ

町民生活課 福祉支援班 0173-22-2111(内線162)