使用済小型家電の分別収集

 これまで各家庭から廃棄される使用済小型家電のほとんどは、「燃えないごみ」として収集し、埋立処分されていました。町では、埋立処分場の延命化と資源リサイクルのため、この使用済小型家電を「ごみ」ではなく、「資源」として収集しリサイクルする事業を実施しています。平成24年4月から実施した社会実験事業に引き続き、平成25年4月から継続して使用済小型家電のリサイクルを実施しています。

 

対象品目

 コンセント、電池等で駆動し、町指定の資源ごみ袋に入る家電製品全般と付属するケーブル類

 

収集方法

町が指定した収集日に各地区のごみ集積所へ排出されたものを収集します。

 

注意事項

● 家電4品目(テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機、エアコン)、粗大ごみは対象外です。
● 乾電池は取り外して出してください。
● ファンヒーター等の暖房器具は灯油を使い切った状態で出してください。
● 掃除機や炊飯器は中身が入っていない状態で出してください。
● 記録媒体(カセットテープ、ビデオテープ、CD、MD)は取り外して出してください。
● 電子・電気機器内の個人情報は可能な限り消去してください。

 

リサイクル

 収集された小型家電は、民間のリサイクル施設で資源化されます。中間処理施設で破砕し、有用金属部分を選別した後、精錬所で金、銀、銅、レアメタルなどを回収します。

 

リサイクル実績

● 平成24年度社会実験事業

回収量

再資源化等により得られた資源の種類ごとの重量

アルミニウム

プラスチック

17,980kg

8,010kg

1,210kg

950kg

36g

713g

5,460g

 

● 平成25年度

回収量

再資源化等により得られた資源の種類ごとの重量

アルミニウム

プラスチック

23,170kg

9,422kg

408kg

1,043kg

261g

1,170g

12,049kg

 

● 平成26年度

回収量

再資源化等により得られた資源の種類ごとの重量

アルミニウム

プラスチック

22,306kg

9,775kg

943kg

1,070kg

707g

2,503g

10,257kg

 

● 平成27年度

回収量

再資源化等により得られた資源の種類ごとの重量

アルミニウム

プラスチック

13,116kg

6,297kg

549kg

680kg

0.049kg

0.364kg

5,589kg