鶴田町地域おこし協力隊を募集します

地域おこし協力隊を募集します

 町では、町外の人材を積極的に誘致して、その定住及び定着を促進しながら地域の活性化を図るため、以下の分野で地域おこし協力隊を募集します。鶴田町で一緒に新しいチャレンジを始めてみませんか!

 ① ぶどう農家として就農を目指す隊員
 ② 農業法人の事業承継を目指す隊員
 ③ 特産品のネット販売を手掛け、起業を目指す隊員


 ※地域おこし協力隊制度や町の紹介については、 こちらのページをご覧ください。

募集内容

① ぶどう農家として就農を目指す隊員

■募集人員 1~2名

 ぶどう農家の高齢化や後継ぎ不足等により、農地を手放す人や耕作放棄地が増えていることや、地理的表示保護制度(GI)に登録された冬ぶどう「つるたスチューベン」の知名度や魅力を十分に発信しきれていない状況を受け、実際にぶどうを栽培しながら情報発信や販売促進に取り組み、任期終了後の就農を目指す隊員を募集します。

【活動内容】

 ・スチューベンぶどうの栽培
 ・スチューベンぶどうの情報発信
 ・スチューベンぶどうの販売促進
 ・その他、スチューベンぶどうの振興や任期終了後の就農に向けた活動


② 農業法人の事業承継を目指す隊員

■募集人員 1名

 少子高齢化等による後継者不足のため、数年後には事業を継続できなくなることが見込まれる、ぶどう生産者による農業法人があります。当該法人で事業ノウハウを習得しながら、地理的表示保護制度(GI)に登録された冬ぶどう「つるたスチューベン」の知名度や魅力発信、販売促進に取り組み、任期終了後の事業承継を目指す隊員を募集します。

【活動内容】

 ・農業法人での事業体験(販促・商談の同行等)
 ・スチューベンぶどうの農作業体験
 ・スチューベンぶどうの販売促進
 ・その他、スチューベンぶどうの振興や任期終了後の事業承継に向けた活動


③ 特産品のネット販売を手掛け、起業を目指す隊員

■募集人員 1名

 町では特産品のネット販売網が整備されておらず、店頭販売が主な販路となっています。特に、道の駅つるた「鶴の里あるじゃ」はスチューベンの生果や加工品を始めとした魅力的な商品が数多くありますが、店舗での直売のみで運営しており、さらなる販路拡大の余地があります。このような状況を受け、町の農産物や特産品のネット販売を手掛けて販売網の拡大をしていただき、任期終了後の起業を目指す隊員を募集します。

【活動内容】

 ・ECサイトを活用した道の駅つるた「鶴の里あるじゃ」商品の販路拡大
 ・町の農業者、農業者団体のネット販売網整備の補助
 ・ECサイトの情報発信、知名度向上
 ・その他、特産品の販路拡大に関する活動や任期終了後の起業に向けた活動


各分野における活動内容の詳細については、募集要項をご覧ください。

勤務条件等

■活動時間

 1週あたり5日(1日7時間)

■活動期間

 着任の日から当該日の属する年度の末日まで。1年ごとの更新可(最長3年)。

 ※着任日は令和5年1月4日(水)以降とし、合格者と調整の上決定することとします。

■報酬

 月額233,000円(賞与なし。社会保険料等を控除して支給します。)
 ※別途、活動に必要となる車、住居、その他活動経費は町が負担

募集期間

 令和4年9月12日(月)~令和4年11月30日(水)必着

応募方法

 以下の書類を郵送又は持参にて提出してください。

・令和4年度 鶴田町地域おこし協力隊 応募用紙 ※顔写真を貼付

・住民票の写し(1ヶ月以内のもの)

・自動車運転免許証の写し(表・裏)

選考の流れ

① 第1次選考(書類選考)

 書類選考を行い、選考結果は応募者全員に文書にて通知いたします。

② 第2次選考(面接)

 第1次選考合格者を対象に面接を行います。

 ※会場や日時、実施方法等については、第1次選考の結果通知の際にお知らせします。

③ 採用結果の通知

 第2次選考の結果は、終了後に文書で通知します。

その他

応募条件、福利厚生など詳細については、募集要項をご覧ください。

送付先及び問い合わせ先

〒038-3595 青森県北津軽郡鶴田町大字鶴田字早瀬200-1

鶴田町役場 企画観光課まちづくり班「地域おこし協力隊担当」宛て

電話:0173-22-2111 FAX:0173-22-6007

メール:keikaku@town.tsuruta.lg.jp