鶴田町建設整備課所有の公用車を更新しました

鶴田町建設整備課所有の公用車を更新しました

 町では、除雪パトロール等で使用している鶴田町建設整備課公用車の車齢が20年以上となっており、老朽化が進んでいるため、公益財団法人むつ小川原地域・産業振興財団が実施する原子力施設立地振興対策事業を活用し車両の更新をしました。
 今回の事業の活用により事故等のリスクが軽減され、運動性の向上による迅速な行政サービスへの向上が図られました。