地域建設業経営強化融資制度

地域建設業経営強化融資制度とは

 建設投資の急速な減少、資材価格の高騰等により、中小・中堅建設業は極めて厳しい状況に直面していることから、町では、建設業者の資金調達の円滑化を推進するため国土交通省において創設された「地域建設業経営強化融資制度」に基づく融資を受けるための債権譲渡承諾に関する事務取扱基準を定め、その手続きを行うこととしました。

 制度について詳しくは、地域建設業経営強化融資制度について(国交省ホームページ)をご覧ください。


制度の概要

 町と工事請負契約を締結している中小・中堅元請建設業者が、地域建設業経営強化融資制度を希望する場合、町からの債権譲渡承諾を得た上で、工事請負代金債権を担保に融資を受けることが出来る制度です。


要領・様式等