「解体工事業」の新設に伴う経過措置の終了について

経過措置の終了について

 平成26年6月1日より業種に「解体工事」が新設され、原則として解体工事を施工する際は解体工事業に係る建設業許可が必要となりました。
 ただし経過措置として、とび・土工・コンクリート工事業の許可を有し解体工事業を営んでいる建設業者は、平成31年5月31日までは解体工事業の許可を受けずに解体工事を施工することが可能となっています。

 この経過措置が平成31年5月31日で終了することから、同年6月1日以降に解体工事を施工する場合には「解体工事業に係る建設業許可」が必ず必要となります。
 なお、経過措置期間中に解体工事業に係る許可を申請した経過措置事業者は、経過措置期間の経過後、申請に対する許可または不許可の処分があるまでの間、解体工事業を営むことができます。



※改元日以後の日を旧元号により表示しているものについては、改元日以後も有効なものとして取り扱い、新元号による応当日に読み替えて適用するものとする。

お問い合わせ

総務課 財務班
電話:0173-22-2111(内線:276)