衆議院議員総選挙 

期日前投票

 投票日に仕事や旅行などの予定があり、投票所に行けないと見込まれる方は、鶴田町国際交流会館101研修室(役場併設)において、期日前投票ができます。

 

期日前投票ができる期間及び時間

〈期間〉

 平成24年12月5日(水)から平成24年12月15日(土)まで

 (最高裁判所裁判官国民審査については、平成24年12月9日(日)から平成24年12月15日(土)までです。)

〈時間〉

 毎日午前8時30分から午後8時までです。

 

期日前投票の方法

1. 鶴田町国際交流会館101研修室(鶴田町役場併設)に行き、宣誓書に記入します。

2. 選挙人名簿との対照後、投票用紙が交付されます。

3. それぞれの選挙の投票方法に従って、投票用紙に候補者の氏名を記載します。

4. 投票用紙を投票箱に入れる方法により投票します。

 (選挙期日(12月16日(日))に投票所において投票するのと同様に投票箱に入れます。)


不在者投票(選挙期間中留守の人)

 仕事や旅行などで選挙期間中留守の人は、その滞在している市区町村の選挙管理委員会で、不在者投票をすることができます。また、転勤などにより他の市町村に住所を移された方は、転出前の住所地の市町村の選挙人名簿に転出の表示がある方であっても、他の市町村の選挙人名簿に登録されるまでの間(住民票が作成された日又は転入届をした日から3か月)は、転出前の住所地の市町村において投票することができます。

鶴田町で投票する場合(期日前投票又は選挙期日に投票します。)

  • 12月5日(水)(最高裁判所裁判官国民審査は12月9日(日))から、12月15日(土)までは、鶴田町の期日前投票所で期日前投票をします。
  • 12月16日(日)は、鶴田町の投票区の投票所で投票をします。

現在の住所地の市町村で投票する場合(不在者投票します。)

1. 鶴田町選挙管理委員会に対して、投票日前日(12月15日)までに、直接又は郵送により投票用紙等を請求します。

  宣誓書(請求書)は、下記よりダウンロードすることもできますし、鶴田町選挙管理委員会から郵送もいたします。また、家族の方による申請も可能です。選挙期間中であれば期日前投票所にも置いてあります。なお、FAXでの請求はできません。

 参考:「不在者投票請求書・宣誓書」とその記載例pdf.gif269KB

  請求から交付までに時間を要するため、早めに請求してください。なお、公示日(12月4日)の前に請求することもできます。(ただし、最高裁判所裁判官国民審査に係る投票用紙の請求日については、投票日前7日(12月9日(日))からとされておりますので、ご注意願います。) 

2. 鶴田町選挙管理委員会から、「投票用紙」、「投票用封筒(外封筒及び内封筒)」、「不在者投票証明書」が郵送で届きます。

 (封を開けたり、記入したりしないでください。) 

3. 郵送された書類を持って、投票日前日(12月15日(土))までに、最寄りの選挙管理委員会で投票します。

 

公示日から投票日までの間に満20年に達する方について

 公示の日から選挙期日までの間に満20年に達する方(公示日の前日までにその鶴田町に3か月以上住所を有している方に限ります。)は、以下の方法により投票することができます。

投票日当日

 投票所において投票することができます。

投票日当日お仕事等一定の事由に該当すると見込まれる方

1 満20年に達する前(誕生日前日)

 お住まいの市町村の不在者投票記載場所で不在者投票をすることができます。

2 満20年に達した後(誕生日以降)

 お住まいの市町村の期日前投票所で期日前投票をすることができます。

※鶴田町は、いづれも国際交流会館101研修室(鶴田町役場併設)です。

 参考:「不在者投票請求書・宣誓書」とその記載例pdf.gif269KB

 

お問い合わせ先

鶴田町選挙管理委員会

TEL 0173-22-2111

FAX 0173-22-6007